企業がホームページを作るにあたって、インターネット上の“住所”にあたるドメインと、インターネット上の“土地”にあたるサーバーは必須です。

この記事では、ドメインの基礎知識を解説し、ドメインの決め方を提案してゆきます。

【ドメインとは,インターネット上の住所】なぜ,ホームページの運営にドメインが必要なのか?

ドメインとは、Webサイトの“インターネット上の住所”にあたります。住所がわからなければ知人の家を訪問できないように、ドメインがなければWebサイトにたどり着けません。

ホームページを開くと、ブラウザの上部にそのページのURLが表示されます。

たとえば、当サイトをGoogleクロームで開くと、ブラウザには以下のように表示されます。

pasonoob.com/

Googleクロームでは「https://」の部分が省略されて表示されますので、正式には

https://pasonoob.com/

全体のURLとなります。

ホームページ、ドメイン名

当サイトの場合、「pasonoob.com」全体でドメインにあたり、最後の「com」はトップレベルドメインと呼ばれます。

  • 「pasonoob」・・・自分で任意の文字列を決める
  • 「com」・・・あらかじめ用意された文字列の中から、自分で選択する

企業のホームページには、「独自ドメイン」を選ぶべき理由

ドメインには、「独自ドメイン」と「共有ドメイン」があります。

  • 独自ドメイン・・・有料で取得する、世界にひとつだけのドメイン
  • 共有ドメイン・・・運営会社から付与され、誰かと共有しているドメイン

当サイトの「pasonoob.com」は独自ドメインで、「pasonoob」の部分は自分で文字列を決め、「com」の部分は自分で選択しました。

独自ドメインは有料となりますが、

  • URL全体が短くなり、覚えてもらいやすい
  • 視覚的に企業ブランドを表現し、取引先や顧客に安心感を与える

というメリットがあります。

共有ドメインの場合は、ドメインの一部を複数人で共有します。

「共有ドメイン」は、ドメインの一部にサービス名が入ります。サービス名の前に任意の文字列を入れますので、どうしてもドメイン名が長くなります。

無料で利用できるのはメリットですが、法人の場合はブランディングがしにくくなります。事業でホームページを作るのであれば、独自ドメインを取得されることをおすすめします。

【例あり】独自ドメインの決め方

企業のドメイン名の決め方の実例です。資本金が3億円以下の企業のURLを集めました。

(※ 赤い部分がドメイン名です)

企業名業種URL
日本マクドナルド小売業https://www.mcdonalds.co.jp/
九州朝日放送テレビhttps://kbc.co.jp/
三洋貿易商社https://www.sanyo-trading.co.jp/
アイリスオーヤマ家電https://www.irisohyama.co.jp/
平和不動産不動産https://www.heiwa-net.co.jp/
沖縄セルラー電話通信サービスhttps://okinawa-cellular.jp/
秋田魁新報社新聞https://www.sakigake.jp/
アイアールジャパンコンサルティングhttps://www.irjapan.net/

多くの中小企業が、ドメイン名に「企業名」を入れています。短く、かつ企業名を想起させるようなワードを含めるケースが多いです。

ドメイン名の後ろの部分(トップレベルドメイン)は、どうでしょうか?

トップレベルドメイン(ドメインのいちばん右)の決め方

ドメイン名の「.」で区切られていちばん右側が、トップレベルドメインです。

企業がよく使うトップレベルドメインを、表にまとめました。

意味・利用資格
co.jp国内で登記を行なった企業向けhttps://www.shueisha.co.jp/
jp日本に住所がある組織・個人https://toyota.jp/
com商用サービス、企業向けhttps://kakaku.com/
ne.jp日本国内、ネットワークサービス向けhttps://www.so-net.ne.jp/
bizビジネス、企業向け

この他にも、「info」(情報発信)「site」(Webサイト全般)「cloud」(クラウド)「app」(アプリ)など、業種に合わせてトップレベルドメインを選ぶ企業もまります。

ただし、長期的にホームページを運営してゆくなら、法人しか取得できない「co.jp」ドメインか信用度が高い「jp」ドメインがおすすめです。

おすすめのドメイン取得サービスは?

「co.jp」ドメインか「jp」ドメインなど、汎用性の高い企業向けのドメインを取得するならXserverドメインがおすすめです。

\成長率No.1!2年目以降も安い/

レンタルサーバーとドメインを一度に契約するなら、Xserverビジネスの「簡単インストール」がおすすめです。エックスサーバーとXserverは提携企業ですので、ドメインを取得しながらWordPressなどのCMSをインストールできます。ホームページ開設がスムーズになり、サーバーとドメインの管理が楽になります。

「app」や「cloud」など珍しいトップレベルドメインを取得するなら、ドメインの取扱い種類が多いお名前comがおすすめです。

\600種類以上から選べる/

まとめ

企業がホームページを作るのであれば、独自ドメインの取得が必須です。

ドメイン名には「企業名」を入れ、いちばん後ろの文字列は「co.jp」または「jp」がおすすめです。

【関連】【2024年版】中小企業向けレンタルサーバー おすすめ4選